教養・歴史書評

『日本企業 復活の戦略』『裁判官も人である』『台湾有事と日本の安全保障』『理学博士の本棚』

     1989年には、世界の株式時価総額ランキング・トップ10のうち7社を占めていた日本企業が、2019年はゼロになってしまう。凋落(ちょうらく)の原因を見極め、これからの20年をどう生き残るかを解説する本。編集するのは、37カ国58拠点で活動を展開する世界有数のコンサルティング会社だ。「定石」を踏み外さないことを強調し、「悲観シナリオを前提に、自前でコントロール可能なレバーを引き切ることから始める」など五つの「定石」について解説する。(K)

     分厚いベールに包まれた裁判官の世界。著…

    残り757文字(全文998文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット