【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業コロナ恐慌

貿易 中国は輸出激減も輸入安定=藻谷俊介

中国の輸入の落ち込みは小さく、2月まで各国の輸出は意外に安定していたが……(Bloomberg)
中国の輸入の落ち込みは小さく、2月まで各国の輸出は意外に安定していたが……(Bloomberg)

 これまで新型コロナウイルスが世界貿易に与える影響が論じられる際には、中国での生産停止がサプライチェーン破断を通じて世界の貿易量を引き下げることに懸念があった。しかし2月末から感染は先進国を中心に世界問題化し、消費者にもパニックと言ってよい状況を作り出してしまった。もはや世界貿易への影響は工業生産活動に限った部分的な考察ではなく、世界経済全体の需要と供給で考える必要性が生じてきたと言える。もちろん、それは前にも増して難しい。

 ただ、こうして発想を変えることで、まず最初に分かってくることがある。それは悪化のパターンだ。仮に中国での生産阻害というモデルで考えるなら、悪化は最初が一番深く、時間の経過とともに対策や代替生産が進んで改善していく「レ字型」パターンとなる。震災などの自然災害で見られるパターンもこれと同じで、経験的に横幅(期間)は半年以下で済む。

残り846文字(全文1225文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事