週刊エコノミスト Online編集後記

浜田健太郎/大堀達也

    編集部から

    「チャレンジだ」「ストレッチしろ」。粉飾決算を主導した東芝の旧経営陣は外来語を連発した。正しく翻訳すると「不正を恐れるな」「収益を水増しせよ」だ。日本語で言うわけにもいかず、“英語の浄化”が必要だったのだろう。

     日本社会には外来語や頭字語があふれている。「エンゲージメント」(働きがい)、「ダイバーシティー」(多様性)、「SDGs」(持続可能な開発目標)など。概念は立派でも母語で咀嚼(そしゃく)しないと本末転倒になる。かつて東芝は、コーポレートガバナンス(企業統治)先進企業と称賛された時期があったのだ。

     新型コロナウイルスをめぐっても外来語が多用されている。「クラスター」(感染者集団)、「オーバーシュート」(感染者の爆発的急増)、「ロックダウン」(都市封鎖)など。言葉を生業(なりわい)とする者ならば、為政者の意図に神経を研ぎ澄ます必要がある。

    残り1116文字(全文1496文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事