教養・歴史書評

『賃上げ立国論』 評者・小峰隆夫

    著者 山田久(日本総合研究所副理事長) 日本経済新聞出版社 1800円

    政策当局、企業、労働者 すべてに届く具体案提示

     日本経済にとっての大問題は、賃金がなかなか上がらないことだ。賃金さえ上昇すれば、消費が伸びて景気の足取りはしっかりするし、サービス価格も上昇するからデフレからの脱却も進むはずだ。

     本書ではまず、なぜ賃金が低迷してきたかの原因が究明され(第1章)、そもそもなぜ賃上げが必要かが再確認される(第2章)。続いて、賃上げ実現型の社会経済モデルとしてスウェーデンの状況が解説され(第3章)、高賃金・高付加価値経営の実現が論じられる(第4章)。そして最後に「生涯賃金3割増プラン」というスローガンの下に、賃上げ実現のための包括的な政策が提案される(第5章)。賃上げ問題を論じ尽くしていると言えるだろう。

     評者が見るところ本書には次のような特徴がある。第一は、賃上げが企業の発展につながると説いていることだ。賃上げは当然ながら家計、国民経済にとってプラスだ。しかし、コストアップになるのだから、企業は簡単に賃上げに応じるわけにはいかない。しかし著者は、賃上げを行わないことが企業の競争力を削(そ)いでいるとする。不採算事業・低収益事業を存続させることにより、企業が時代の変化に取り残されるからである。一方…

    残り627文字(全文1181文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事