教養・歴史書評

『国家・企業・通貨 グローバリズムの不都合な未来』 評者・平山賢一

著者 岩村充(早稲田大学教授) 新潮選書 1400円

国家、企業、中央銀行を分析、中間層崩壊=格差拡大を読み解く

 本書の課題は、「通貨とは何か?」の探求にとどまらない。グローバリズム時代に、外国企業の誘致や産業育成のため、減税や労働基準・環境基準緩和などを競う、いわゆる「底辺への競争」を繰り広げる国家と、人々が何に関心を抱くかについて支配力を強める企業にまで視野を広げ、現代社会を読み解く格好の書にまで格上げされているからだ。

 括目(かつもく)すべきは、通貨にとどまらず分配問題の本質に迫る要因と危機感を、「中間層」の崩壊という現象を軸に、縦横無尽に展開している点であり、その対象領域の広さに読者は驚かされるだろう。

残り864文字(全文1172文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事