教養・歴史書評

幅広い視野で和食を俯瞰 農学者の異色の日本史=今谷明

     米と日本人。あまりに当たり前な取り合わせで、歴史学では十分に論じられていなかったように思う。にもかかわらず、最近では2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、欧米では和食ブームの様相を呈している。

     一方、日本人は1961年をピークに米食から麺食、パン食に移行し、いまや主食に占める米の割合は半分程度という皮肉な現状である。

     佐藤洋一郎著『米の日本史 稲作伝来、軍事物資から和食文化まで』(中公新書、980円)は、農学(植物遺伝学)者による品種としてのイネから見た日本史の変遷という目新しい趣向の歴史書である。

    残り682文字(全文943文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事