教養・歴史書評

アメリカ 新型コロナ感染拡大に揺れる米出版界=冷泉彰彦

 アメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの州で学校の一斉休校、事業所や商店への一斉休業命令、そして外出禁止令も発令されて経済活動に大きな影響が出ている。出版界も例外ではない。例えば東海岸のニューヨーク州、ニュージャージー州、西海岸のカリフォルニア州などでは、いずれも書店は一斉休業の対象となっている。

 一方で、外出禁止州においては、ネット通販が活況だが、出版物の配送には問題が出ている。例えば、アマゾンの場合は、時給を2ドルアップして新規に10万人を雇用するとしている。これは人手不足を解消して生活必需品の配送に全力を挙げるのが目的だ。だが、殺到する注文をさばき切れない中で書籍や音楽CDは優先商品のリストから外しており、発送が先送りになる一方で、在庫切れの解消も進まないようだ。

残り597文字(全文945文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事