投資・運用新型コロナの猛威

資源相場・原油 年後半に40ドル台回復=芥田知至

    (出所)ブルームバーグを基に編集部作成
    (出所)ブルームバーグを基に編集部作成

     原油価格の指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物は3月末にかけて18年ぶりの安値を付け、1バレル=20ドルを割り込んだ。

     新型コロナウイルスの感染拡大が欧米にも波及する中で、世界的に経済活動が縮小し、エネルギー需要減退懸念が一段と広がったからだ。3月6日の産油国会合で石油輸出国機構(OPEC)による日量150万バレルの追加減産の提案をロシアが拒否したことも大きな要因だ。これまでの210万バレルの減…

    残り324文字(全文540文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット