投資・運用新型コロナの猛威

資源相場・原油 年後半に40ドル台回復=芥田知至

    (出所)ブルームバーグを基に編集部作成
    (出所)ブルームバーグを基に編集部作成

     原油価格の指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物は3月末にかけて18年ぶりの安値を付け、1バレル=20ドルを割り込んだ。

     新型コロナウイルスの感染拡大が欧米にも波及する中で、世界的に経済活動が縮小し、エネルギー需要減退懸念が一段と広がったからだ。3月6日の産油国会合で石油輸出国機構(OPEC)による日量150万バレルの追加減産の提案をロシアが拒否したことも大きな要因だ。これまでの210万バレルの減…

    残り324文字(全文540文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事