【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用新型コロナの猛威

資源相場・銅 米欧景気回復なら5000ドル台=芥田知至

(出所)ブルームバーグを基に編集部作成
(出所)ブルームバーグを基に編集部作成

 銅の相場は原油に比べて中国景気の影響を受けやすい。足元までは、米中貿易摩擦や新型コロナウイルスの感染拡大が重要な決定要因だった。

 米中両政府が貿易協議で「第1段階」の合意署名を行う運びとなる中、相場は上値追いとなり、1月中旬に1トン=6343ドルと8カ月ぶりの高値を付けた。そこにウイルス感染拡大の影響が及んできた。1月下旬には武漢市などでの感染拡大が懸念されたが、2月は中国以外での感染拡大が懸念された一方で中国の景気支援策…

残り321文字(全文535文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事