投資・運用新型コロナの猛威

資源相場・原油 上昇、株価反転が条件に=江守哲

     原油相場が急落している。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、世界の石油需要の減退懸念が強まったことや、株価の急落を背景にリスク資産とされる原油も同時に売られている。さらに、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟国で構成される「OPECプラス」が、直近の会合で4月以降の減産枠の拡大で合意できず、サウジアラビアとロシアが増産の意向を示したことも売りを誘い、WTI原油先物は3月20日に一時1バレル=19・46ドルまで下落…

    残り324文字(全文539文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事