投資・運用新型コロナの猛威

資源相場・金 目先の底打ち、下値は限定=江守哲

(出所)筆者作成
(出所)筆者作成

 金相場は、株価の大幅安で追い証を受けた投資家の換金売りで下落する場面が見られた。3月9日に一時1トロイオンス=1702・56ドルの高値を付けていた金相場は、16日には一時1450・98ドルまで急落した。米連邦準備制度理事会(FRB)は2回の緊急利下げを実施したものの、株安の流れを止めることができず、金利低下にもかかわらず金も売られた。これは、2008年のリーマン・ショック時に見られた「株安・債券安・金安・ドル高」の現象と似ている。当時の金相…

残り335文字(全文558文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事