経済・企業ゲームの未来

香川県ゲーム規制 「1日60分」の条例が施行「調査・検証なし」に疑問も=岡安学

    採決では賛成の議員が多数だったが
    採決では賛成の議員が多数だったが

     4月1日から香川県で「ネット・ゲーム依存症対策条例」が施行された。インターネットやゲームの利用時間を規制する、いわゆる「ゲームは1日60分まで」という条例で、大きな話題となった。

     ことの発端は、世界保健機関(WHO)がゲーム障害を国際疾病として認定したことだ。WHOが定めるゲーム障害の定義は、「ゲームをする時間や頻度を自ら制御できず、あらゆる事象からゲームを最優先する。何かしらの問題が発生してもゲームをし続けるなどの状態が12カ月以上続き、社会生活に重大な支障が出ている」となっている。このような状態にある人はゲーム障害と判定し、治療が必要だと言っているわけだ。

     ただ、ゲームが依存症を引き起こしやすいとしているわけではなく、かなり重篤の状況にならないと障害とは認定されない。つまり、目を離すとゲームばかりしているとか、宿題もせずにゲームをしている程度では、障害と認定できないのだ。

    残り855文字(全文1250文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット