資源・エネルギーエコノミストリポート

原油 世界最大企業のサウジアラムコ 上場後の初決算で純利益9.7兆円 原油価格暴落で…=岩間剛一

    これほどの原油価格下落は想定していなかった?(上場前に記者会見をするサウジアラムコのアミン・ナセルCEO=左=)2019年11月(Bloomberg)
    これほどの原油価格下落は想定していなかった?(上場前に記者会見をするサウジアラムコのアミン・ナセルCEO=左=)2019年11月(Bloomberg)

     サウジアラビア国営石油企業のサウジアラムコが3月15日、2019年12月期決算を発表した。昨年12月にサウジ国内証券取引所タダウルへ上場後、初の決算発表であり、純利益は前期比20・6%減でも882億ドル(約9兆7000億円)と世界最大の高収益企業であることを見せつけた(表)。ただ、足元では原油価格が1バレル=20ドル前後まで急落しており、この価格水準が今後も続けばアラムコの業績だけでなくサウジ財政にも強烈な逆風となる。

     アラムコの19年12月期の純利益が減益となったのは、19年にアラムコが販売した原油の平均価格が1バレル=64・6ドルと、前年に比べ7・71%下落したことに加え、サウジがOPEC(石油輸出国機構)の盟主として、率先して減産を実施したことによる。また、19年9月にはアラムコの石油施設が無人機などによる攻撃を受け、石油生産能力の半分を一時的に失ったことも影響した。とはいえ、純利益の水準は米アップル(1…

    残り3395文字(全文3807文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット