経済・企業エコノミストリポート

サステナブル金融に新商品 持続可能な社会構築目指す 目標達成で金利負担減も=江夏あかね

    (注)2020年3月末現在 (出所)ブルームバーグにのデータを基に、野村資本市場研究所作成
    (注)2020年3月末現在 (出所)ブルームバーグにのデータを基に、野村資本市場研究所作成

     金融市場では近年、環境・社会・ガバナンス(ESG)の要素を投資判断に組み込む概念が浸透しつつあるほか、パリ協定や持続可能な開発目標(SDGs)などを背景に、持続可能な社会の実現に資する「サステナブル金融」が進化を遂げている。

     サステナブル金融の負債性の資金調達手段としては、グリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンドといった債券に加え、ローン関連でもグリーンローンをはじめとした複数の金融商品が存在する。

     グリーンボンドやグリーンローンは、環境改善効果を目的としたプロジェクトに要する資金を調達するための債券・ローンである。ソーシャルボンドは、社会開発に資する事業を資金使途とする債券である。サステナビリティボンドは、環境・社会的課題の解決などに資する事業を資金使途とする債券である。これらは、サステナブル金融で典型的な金融商品だが、諸外国で近年、新たな金融商品として注目を集めているのが、サステナビリテ…

    残り2973文字(全文3383文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事