国際・政治エコノミストリポート

米大統領選民主党予備選 夢を抱けなくなった国で「打倒トランプ」結束なるか=渡辺靖

    討論会に臨むバイデン氏(左)とサンダース氏 (Bloomberg)
    討論会に臨むバイデン氏(左)とサンダース氏 (Bloomberg)

    詳しくはこちら

     11月の米大統領選でトランプ大統領の再選阻止を目指す民主党の候補者選びは、ジョー・バイデン前副大統領が指名獲得を手中に収めつつある。

     民主党の予備選は2019年6月26日、フロリダ州で実施された第1回討論会で幕を開けた。20人もの候補者が2日間に分かれて登壇。討論会への参加資格を満たせなかった候補者を含め30人近くが乱立する異例の様相を呈した。

    残り3623文字(全文3804文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事