投資・運用海外企業を買う

エイティアンドティ 世界的な通信企業、高配当も魅力=小田切尚登/285

    (出所)ブルームバーグ
    (出所)ブルームバーグ

     ◆AT&T

     AT&Tは世界的な米国通信企業で、エンターテインメントやメディアの事業も傘下に持つ。モバイルサービスの提供者としても世界最大であり、固定電話のプロバイダーとしては米国最大である。また売り上げ規模でも長年、米国上場企業全社の中でトップ10に入る。電話の発明者グラハム・ベルの創業企業が前身で、1984年に分社化されたという歴史ある企業だ。

     主力事業は情報通信サービスで、売り上げ全体の77%を占める。有線、無線、衛星通信により、安定かつ高速の通信環境を提供している。国内外で3億3000万人以上の顧客をLTE(携帯用通信回線)でつなげている。情報通信サービスは三つの部門からなり、モバイル部門は全体売り上げの4割近くを占める。受信契約者は1億6600万人だ。

    残り2456文字(全文2795文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事