経済・企業ゲームの未来

投資 コロナ後が好材料 注目のゲーム関連44銘柄=小林大純

    詳しくはこちら

    詳しくはこちら

    詳しくはこちら

     新型コロナウイルスの感染拡大は、ゲーム業界にも大きな影響を与えている。

     外出自粛要請を受け、アミューズメント施設は客足が減少。ラウンドワンは小中学校などに休校要請が出た2月28日以降、既存店売上高が前年比2ケタ減となり、4月には全店舗の一時休業に追い込まれた。6月に米ロサンゼルスで開催予定だった世界最大のゲーム見本市「E3」など、関連イベントも軒並み中止・延期となっている。

     一方、小中学生らが自宅で過ごすことが増え、「ニンテンドースイッチ」など家庭用ゲーム機の販売が伸びている。生産・出荷の遅延など供給面の制約が出てきているものの、昨今ダウンロード販売の増えたゲームソフトは引き続き堅調に推移しそうだ。

    残り1679文字(全文2004文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット