国際・政治ワールドウオッチ

香港 野生動物の食用に“待った”=江藤和輝

    閉店前のヘビスープ専門店には長蛇の列 筆者撮影
    閉店前のヘビスープ専門店には長蛇の列 筆者撮影

     中国で野生動物の食用問題が浮上し、各地で法整備が進んでいる。

     全国人民代表大会(全人代)の常務委員会は2月24日、国内の野生動物の取引・食利用の全面的な禁止を宣言。これを受けて、深圳市人民代表大会常務委員会も2月25日、野生動物の食用を全面的に禁止する条例案を公布した。深圳の条例では犬、ヘビ、野鳥、カエル、スッポンなどは野生動物と見なされ、人工的に飼育・繁殖されたものであっても食用は禁止となる。食べてもよい動…

    残り312文字(全文519文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事