国際・政治ワールドウオッチ

インド 遠隔教育コンテンツを無料提供=成田範道

    ロックダウンを契機にアプリで学習する人が増えている (Bloomberg)
    ロックダウンを契機にアプリで学習する人が増えている (Bloomberg)

     インドでは、新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)で、学校に行けない子供たちのために、民間の教育テクノロジー企業(エデュテック企業)が教育コンテンツを無料で公開している。

     エデュテック企業は、小学校から大学入試までの試験対策のオンライン授業や教材の提供などを主な事業としている。国内最大手のバイジューズは2011年に設立され、高まるインド中間層の教育熱やブロードバンド回線の普及に後押しされる形で、わずか…

    残り312文字(全文520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事