投資・運用独眼経眼

未曽有の金融緩和が生むバブル=渡辺浩志

     新型コロナウイルスの影響で、米国の経済指標は空前の悪化を示すが、株価(S&P500指数)は既に下落幅の6割を戻した。

     株価は企業業績を表すEPSと、その評価であるPER(株価収益率)からなる。EPSは景気動向、PERは金融政策の影響を強く受ける。コロナ禍に際し、米連邦準備制度理事会(FRB)は未曽有の金融緩和を行っている。図1を見ると、これまでもFRBが金融緩和で保有資産を膨らませるたびにPERは上昇してきた。現行の緩和が続けば、資産額は近く10兆ドルへ拡大し、PERは25倍前後まで上昇しそうだ。

    残り836文字(全文1088文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事