国際・政治ワールドウオッチ

マレーシア コロナ禍のラマダン入り=降旗愛子

    ラマダンビュッフェ中止で配車アプリ活用の出前サービスを利用 筆者撮影
    ラマダンビュッフェ中止で配車アプリ活用の出前サービスを利用 筆者撮影

     マレーシアをはじめ、イスラム諸国では4月24日に断食月(ラマダン)を迎えた。例年この時期は、飲食業界が大いににぎわう。が、新型コロナウイルス禍による厳戒態勢の中、今年は様相が違う。

     イスラム教徒はラマダン中、日の出前に朝食を取り、日没とともに断食を終えてイフタールと呼ばれる夕食を口にする。ホテルやレストランでは例年、イフタール向けに趣向を凝らしたビュッフェを提供する。

     だが、ビュッフェスタイルの会食にはコロナ感染のリスクがあるため、今年は多くのホテルがラマダンビュッフェを中止。マレーシアホテル協会によれば、毎年ラマダンビュッフェで100万リンギ(約2500万円)を売り上げるホテルもあるが、今年はそれが消し飛んだ。

    残り196文字(全文507文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事