国際・政治ワールドウオッチ

カリフォルニア がん治療の技術革新進む=二村晶子

    CAR-Tの研究が盛り上がっている (Bloomberg)
    CAR-Tの研究が盛り上がっている (Bloomberg)

     米国では毎年、がん分野の代表的な学会「ASCO(米国臨床腫瘍学会)」が開催される。本稿は今年の会期(5月29〜31日の3日)前に執筆しているが、すでにブレークスルーとなる研究内容が先駆けて発表されている。話題は、カリフォルニア州南サンフランシスコに拠点を置くアロジーン社が発表した他人の細胞(他家細胞)を活用する「CAR─T(カーティー)療法」の臨床試験だ。

     最先端のがん免疫療法であるCAR─T療法は、白血病などの血液がんに有効とされ、患者から採取した末梢(まっしょう)血リンパ球(自家細胞)にCAR(キメラ抗原受容体細胞)遺伝子を導入し、増幅培養した後に体内へ戻す。しかし、時間がかかりコストも高いのがネックだ。一方、他家細胞を使う方法は時間とコストを抑えることができるため、CAR─T療法の普及にもつながる。今回の発表は臨床試験の早期段階で、以降は承認…

    残り149文字(全文529文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事