国際・政治ワールドウオッチ

カンボジア 急激に浸透するデジタル技術=石川晶一

    配車アプリの人気も高い 筆者撮影
    配車アプリの人気も高い 筆者撮影

     カンボジア通信監督機構によると、2019年末の携帯電話加入者数は2168万台で、人口(約1600万人)を上回る結果となった。また、キャッシュレス決済市場は、19年に22億1000万ドル(約2373億円)に達し、前年から38%増加。日本のフィンテック企業ソラミツが開発したブロックチェーンを活用する世界初となる中央銀行発行のデジタル通貨「バコン」の導入テストも19年7月から始まった。

     街を歩けばスマートフォンを2台使って仕事をこなすタクシードライバーや、路上屋台の支払いをキャッシュレスで済ませる人を見ることも珍しくない。

    残り252文字(全文514文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事