国際・政治ワールドウオッチ

英国 徒歩・自転車通勤を国が提案=酒井元実

    ロンドン市内では歩道の拡張工事や自転車道の整備が始まった 筆者撮影
    ロンドン市内では歩道の拡張工事や自転車道の整備が始まった 筆者撮影

     英国運輸省は新型コロナウイルス対策として「電車での通勤を極力やめて、徒歩か自転車通勤に切り替えてほしい」と呼び掛けている。

     新型コロナの感染拡大を防ぐためには公共交通機関の利用の際も約2メートルのソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保が求められる。特に地下鉄の満員状態などは避けるべきで、定員の13~15%程度の乗車率が望ましいという。その実現のために、英政府はテレワーク(在宅勤務)や時差通勤な…

    残り305文字(全文507文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事