経済・企業コロナデフレの恐怖

トップに聞く「コロナ後の世界」 助野健児・富士フイルムHD社長 アビガンは9月に30万人分生産

     新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」は、6月末の治験終了を目指している。既に国内でサプライチェーンを完成させ、9月に月間30万人分まで生産規模を引き上げる。有効成分ファビピラビルの物質特許は海外では切れているが、有効成分の製造方法を保護する製造特許は有効だ。コロナは不治の病ではないという安心感を与えるのが特効薬だ。その答えの一つがアビガンであり、子会社の富士フイルム和光純薬が開発したPCR検査を簡易化・迅速化する試薬だ。

     また、肺炎と言っても、原因は新型コロナなのかインフルエンザなのか、別の何かか、非常に見分けにくい。さまざまな画像を蓄積し、医師の診断をサポートするようなデータを与えられれば、タイムリーに治療に結びつけることができる。現在、人工知能(AI)を使ったソフトを開発中だ。

    残り368文字(全文720文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事