経済・企業コロナデフレの恐怖

トップに聞く「コロナ後の世界」 深澤祐二・JR東日本社長 減収長期化へ6250億円確保

     新型コロナウイルスの影響により経済インフラの一部である交通や物流には多大な影響が生じた。多くの企業で国内外の拠点や企業活動の在り方を問い直す必要があるだろう。ポスト・コロナ社会の不可逆的な構造変化として、「『集中』から『分散』へ」「『通勤主体』から『生活主体』へ」「『リアル』から『デジタル』へ」「『マス』から『パーソナル』へ」の加速の4点を想定していかなければならないと考えている。

    残り486文字(全文679文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事