経済・企業コロナデフレの恐怖

トップに聞く「コロナ後の世界」 村田善郎・高島屋社長 「豊かさ」の変化にきめ細かく対応

     国内店舗は、外出自粛や緊急事態宣言に伴う全館臨時休業などによって、店舗売り上げが大きく落ち込んだ。4月は前年比75・7%減、免税売り上げは99・9%減、5月(速報)は64・2%減、98・7%減となった。今回の危機は世界経済全体に及び、国内でも全国で経済活動が停滞している。この状況は長期に及ぶと考えられ、今後再び店舗を休業せざるをえない状況になることが、当社にとって最大のリスクになる。

     グループの課題は、国内百貨店の収益力低下だ。百貨店市場の縮小や営業費の高止まりが主な要因だ。コロナ以前から、従来の長期プランを一旦中止し、コスト構造改革を中心とする3カ年の緊急的経営計画の策定に向けて準備を進めてきた。海外事業の中心的役割を担うシンガポール高島屋S.C.は、現時点で食料品のみの営業になっているが、周辺国の富裕層マーケットを含めコロナ後の反動増が大いに期待できる。営業投資を順次実施…

    残り292文字(全文686文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事