経済・企業コロナデフレの恐怖

トップに聞く「コロナ後の世界」 新田信行・第一勧業信用組合理事長 デジタルと「人との絆」で変革

     コロナ禍で都内の飲食店の3〜4月の売り上げはゼロとなった。賃料などの固定費が月5000万円、4カ月で2億円必要なお店が無利子で借りても年間の利益が2000万円なら返済に10年かかる。だから預金を取り崩すか、債務繰り延べか、新しくお金を借りるか一人一人の社長と相談している。終息後に使えるお食事券を買ったり、テークアウトを勧めて購入することで資金繰りを支援している。

     コロナショック後に日本全体でV字回復することはない。しかし今は変革のチャンス。東北と新潟に工場を持ち百貨店にも納入する高級婦人服メーカーは立体裁断ができるので、1枚1000円のマスクを作りましょうと提案してネット販売で1万枚が売り切れ、今は医療用白衣を作っている。

    残り387文字(全文703文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事