経済・企業コロナデフレの恐怖

激変する産業地図 百貨店 脱過剰消費で衣料が壊滅=小島健輔

    緊急事態宣言の解除に先立ち、百貨店各社は一部店舗で営業を再開した(Bloomberg)
    緊急事態宣言の解除に先立ち、百貨店各社は一部店舗で営業を再開した(Bloomberg)

     百貨店の主力は衣料品だ。ピークの1991年に売り上げの40・4%を占め、2019年には29・3%までシェアを落としたが、いまだ食料品の27・7%を上回る。商品を供給する百貨店アパレルは、コロナ以前から百貨店取引コストが肥大して割高になり、顧客が手ごろな駅ビルやショッピングセンターに逃げ出して業績が落ち込んでいた。長期休業で売り上げが激減して大量の在庫を抱え、秋冬商品を仕込む資金にも事欠く状況に追い詰められている。

     筆者は、コロナ終息後も人々のライフスタイルや消費姿勢は元に戻らないと考える。過剰消費の現代文明がコロナで緊急停止させられ、ポスト・アポカリプス(文明破綻後)の世界を垣間見てしまったのだから、少なからぬ人々がエシカル(倫理的)な消費を志向することになるだろう。

    残り878文字(全文1217文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事