投資・運用海外企業を買う

エネル イタリア最大手の再エネ電力=宮川淳子/292

    エネルのグループ会社が運営するイタリアの地熱発電設備(Bloomberg)
    エネルのグループ会社が運営するイタリアの地熱発電設備(Bloomberg)

     ◆Enel

     国際エネルギー機関(IEA)は2020年4月30日、新型コロナウイルスの影響で、20年の世界のエネルギー需要は前年比6%減少するとの予想を公表した。多くの都市でロックダウン(都市封鎖)が行われた先進国の減少幅が最も大きく、EU(欧州連合)が最大の11%減、米国で9%減とみている。世界的に電力需要が減少する一方で、電力会社にとっては火力発電の化石燃料価格(石油、石炭、天然ガス)の下落で、収益性の改善効果が期待される。

     イタリア最大の電力・エネルギー会社のエネルは再生可能エネルギー(風力、水力、太陽光、地熱など)による発電に大きくかじを切っており、こうした燃料価格の変動に影響されにくい収益構造への転換を着実にすすめている。

    残り2570文字(全文2890文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット