経済・企業海外企業を買う

チーズケーキ・ファクトリー 米外食大手チェーン=岩田太郎/293

    米ロサンゼルスのチーズケーキ・ファクトリーの店舗(Bloomberg)
    米ロサンゼルスのチーズケーキ・ファクトリーの店舗(Bloomberg)

     ◆The Cheesecake Factory

     チーズケーキ・ファクトリーは米国の大手外食レストランチェーンで、全米で約300店舗、カナダやメキシコ、サウジアラビアなどでもライセンス契約で26店を運営している。

     1940年代に現在のデイビッド・オーバートン最高経営責任者(CEO)の母親がユニークなチーズケーキのレシピを考案し、ミシガン州デトロイト市の高級レストランに卸し始めたのが始まりだ。72年には事業拠点をロサンゼルスに移転し、本格的なサービスを開始した。店舗の内装など設備投資も意欲的で、78年にデザートだけでなく、高級料理を出すレストランをロサンゼルス近郊の高級住宅街であるビバリーヒルズに開業。92年に法人化され、チェーン展開で事業を拡大した。

     客単価は同業の米デニーズの10ドル(1080円)台前半と比較すると、約24ドルと高めで、「ドレスアップしたデニーズ」とも評される。メニューの品数は約250品と多く、米オンラインメディアのバズフィードが「メニューは聖書並みの分厚さだ」と、ジョークを交えて評する。ボリューム感のある料理を出すことが自慢だ。

    残り2381文字(全文2862文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット