経済・企業深層真相

シャープ社長人事に透ける台湾からの“遠隔”操作

戴正呉会長兼社長
戴正呉会長兼社長

 台湾の鴻海精密工業傘下で再建したシャープの戴正呉会長兼社長=写真=が、6月29日付で会長兼CEO(最高経営責任者)に就任する。もともと戴氏は2020年度からの新中期経営計画では、経営の第一線から退く意向を周囲には漏らしていた。だが、米中貿易摩擦や新型コロナウイルスの影響で前中期経営計画が未達。鴻海傘下になって初めての最終赤字に陥った。「有言実現」を自らに課す戴氏は、この状況で退くことは納得できなかったのだろう。社長の肩書は外れるが、CEOという新たな肩書を加え、自身がリー…

残り360文字(全文599文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事