経済・企業深層真相

HIS沢田氏の長男が経営するクルーズ船予約サイトが荒波にもまれている

    ベストワンドットコムのサイト
    ベストワンドットコムのサイト

     クルーズ船予約サイト「ベストワンクルーズ」を運営するベストワンドットコムが荒波にもまれている。富裕層やシニア層を対象としてきたクルーズ旅行を、格安で気軽に実現できる予約サイトとして人気だったが、今年2月、横浜に停泊した「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルスの感染症患者が発生、クルーズ船の運航中止が相次ぎ、開店休業状態に追い込まれているからだ。

     2020年7月期の連結業績予想も撤回し、未定と発表した。

     ただ短期的な業績への影響は軽微のようだ。船会社は顧客に全額返金しているため、売上高は減少したが、コロナという異例の要因のため手数料は船会社から保証されている。また、同社は日本語サイトのみで、インバウンド(訪日客)激減の影響も小さいという。

     問題は株価だ。昨年12月に5410円だった株価は今年3月には997円まで売り込まれた。

     ベストワンの社長である沢田秀太氏は、HIS会長兼社長の沢田秀雄氏の長男。格安航空券のパイオニアで、長崎のハウステンボスを再生させた経営手腕は有名で、長男の会社運営にも関心が高まっていた。18年4月の上場直後に7900円の高値が付いたのも、期待先行の側面があったようだ。今回の苦難をどう乗り越えるのか、会社のかじ取りが問われる。

    (本誌掲載版を加筆しています)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事