国際・政治ワールドウオッチ

海南島 リゾート地を自由貿易港に=藤原智生

    島全域に規制緩和や優遇策を導入する (Bloomberg)
    島全域に規制緩和や優遇策を導入する (Bloomberg)

     中国・広東省の南に位置する海南島は、中国有数のリゾート地として知られているが、この海南島に自由貿易港の建設計画が立ち上がっている。

     中国共産党と国務院は6月1日、海南自由貿易港の建設に向けた全体計画を発表。今世紀半ばまでに国際的な影響力をもつ自由貿易港の建設を目指すとしており、初期段階として2025年までに一部の規制緩和の実施や優遇策の導入を行う。具体的には、輸入品に対する「ゼロ関税」の適用や、法人税(企業所得税)…

    残り316文字(全文526文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事