国際・政治ワールドウオッチ

インド 結婚式をバーチャルで華やかに=古山香織

    ネット上で開催された結婚式前夜のダンスパーティーの様子 筆者撮影
    ネット上で開催された結婚式前夜のダンスパーティーの様子 筆者撮影

     豪華絢爛(けんらん)な結婚式で知られ、毎年500億ドル規模と言われるインドのウエディング業界だが、新型コロナウイルス禍による打撃は大きい。内務省が定める都市封鎖ガイドラインでは、式の参列者は50人までと制限され、感染リスクを恐れて式の予約も延期が相次いでいる。だが、入籍の日取りを決めて準備してきたカップルにとって、期限なき延長は耐え難い。そこで、インターネット上で「バーチャル結婚式」を執り行うカップルが登場している。

     いち早くその仕掛人となったのは、婚活マッチングサイト最大手「シャーディー・ドットコム」だ。「ウエディング・フロム・ホーム」と銘打ち、バーチャル結婚式の支援サービスを展開。電子招待状の手配、式の動画配信のほか、ダンスパーティーのリモート開催、儀式を担う僧侶、余興の歌手の中継などを行う。国内だけでなく、大陸をまたいでの開催も支援する。ある式では数百人がオンラインで参列し、1万6000人が式の配信を視…

    残り121文字(全文532文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット