テクノロジー非接触ビジネス

米中の小売り 変革に成功したウォルマート 「ネット購入、店頭渡し」が人気=神谷渉

    ウォルマートのピックアップ・タワー。スマートフォンのバーコードをかざせば、オンライン注文した商品が出てくる(同社ホームページより)
    ウォルマートのピックアップ・タワー。スマートフォンのバーコードをかざせば、オンライン注文した商品が出てくる(同社ホームページより)

     米国や中国の小売業界では、新型コロナウイルス感染拡大以前から非接触型のサービスに積極的に取り組んでいる。小売りにおける非接触型サービスは多岐にわたる(表)。電子商取引(EC)も店員による接客がないと考えれば非接触型サービスの一つであり、中国において注目が高まっているライブコマースは接客の非接触化と捉えることができる。

     米国では、大手小売業が、巨大EC事業者・アマゾンに対抗するためにネットとリアルにおける顧客接点を多様化し、顧客体験を統合的に提供することを試みてきた。

    残り2059文字(全文2295文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事