経済・企業非接触ビジネス

インタビュー 諸富徹 コロナが加速する「非接触経済」 脱炭素社会への契機にも

    諸富徹 京都大学大学院経済研究科教授
    諸富徹 京都大学大学院経済研究科教授

     人同士の接触を制限する新型コロナは、経済をどう変容させるのか。京大の諸富徹教授に話を聞いた。

    (聞き手=稲留正英/種市房子/白鳥達哉・編集部)

    ── 今回のコロナ禍により「対面経済」から「非接触経済」への移行が進むとの見方をしている。

    ■中国の一部で進展した「無人経済化」に強い印象を受けたのがきっかけだ。新型コロナの感染が拡大した中国では、自動運転の無人配送車が路面を消毒しながら、配食などのその他のサービスも人を介さず行うようになったという。それまでは、コストが高すぎて実装できなかった技術が、社会がパンデミックに対処する必要性から採用され、数千台レベルで商業化されるようになっている。

     社会の中で経済活動をしていくために、接触を避けることを助ける技術は、今後、各方面でどんどん実装されていくだろう。それは、医療であったり、教育であったりさまざまな分野で起こる。慣習、規制、政治的な抵抗からもブロックされていた技術が、「人の命を守る」という大義名分により導入が加速する。

    残り2426文字(全文2861文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事