週刊エコノミスト Online海外企業を買う

ボイド・ゲーミング M&Aで成長した米カジノ大手=清水憲人/296

     ◆Boyd Gaming

     ボイド・ゲーミングはサミュエル・A・ボイド氏(サム・ボイド)と、その息子のウィリアム・S・ボイド氏(ビル・ボイド)が1975年に設立した米国のカジノ運営会社。ビル・ボイド氏は現在も会長職を務めており、その3人の子どもも副会長などの要職に就いている。家族経営的な色合いの濃い会社である。

     サム・ボイド氏は28年、18歳でカリフォルニア州ロングビーチ沖のギャンブル船(賭博設備が設置された船舶)で働き始めた。その後、州当局による取り締まりの強化でギャンブル船が閉鎖された後、41年に家族でネバダ州ラスベガスに移住。そこで、ルーレットのディーラーからキャリアをスタートさせ、シフト・マネジャー(割り当てられたシフトの総責任者)へとトントン拍子で出世した。

    残り2494文字(全文2832文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事