投資・運用海外企業を買う

ジャスト・イート・テークアウェー・ドットコム M&A攻勢の欧州料理宅配大手=児玉万里子/297 

    海外でもマスクを着けて注文料理を配達(Bloomberg)
    海外でもマスクを着けて注文料理を配達(Bloomberg)

     ◆Just Eat Takeaway.com

     市場拡大が続くオンラインの料理宅配サービス業界では、配達人件費などコスト負担増による利益圧迫を背景に、国を超えた統合・再編が止まらない。2020年1月末には、オランダに本拠を置く欧州大陸のトップ企業テークアウェー・ドットコム(TA)が英国のトップ企業ジャスト・イート(JE)を買収し、ジャスト・イート・テークアウェー・ドットコム(JET)が誕生した。JETはコロナ禍が続く6月に米国大手のグラブハブとの統合を発表。21年第1四半期に統合を完了できると、JETは取扱高(配達する料理の総額)と売上高(手数料収入)において、中国を除き世界でトップのオンライン料理宅配サービスになる可能性がある。

     レストランが近隣の住宅に料理を配達するサービスは、決して目新しいものではない。客がレストランに出向くか電話で注文をし、レストランのスタッフが料理を自宅に配達する。このサービスがインターネットの整備、パソコン・スマホの普及とともに、オンライン情報サービスのひとつになり、市場拡大が続いている。アイルランドの民間調査会社によると、世界のオンライン料理宅配の市場規模は19年の1074億ドル(11兆490…

    残り2299文字(全文2818文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット