国際・政治エコノミストリポート

福島の町職員が見たチェルノブイリ 「観光地化」に感じた伝承のジレンマ=喜浦遊

    ゲート前の土産物屋ではガスマスクも売られていた 筆者撮影
    ゲート前の土産物屋ではガスマスクも売られていた 筆者撮影

    ツアーで巡った“ゴーストタウン” 「観光地化」に感じた伝承のジレンマ

     ウクライナの首都キエフからバスで2時間弱ほどで、チェルノブイリ原発から30キロ圏のゲートにたどり着いた。ここから先は居住禁止区域で入るには許可が要るが、道の両脇には土産物屋が並んでいる。外壁もごみ箱もベンチもテーブルも、アイスクリームの入った冷蔵庫も黄色に塗られ、「チェルノブイリツアー」と書かれた看板には三角の放射線マークまで添えられている。

     流れてくるポップな音楽にあっけにとられていると、通訳が「アメリカ向けの商売です」とささやいた。米国人を主な顧客にするツアー会社が運営しているらしい。チェルノブイリ原発事故を題材にした米放送局HBO製作のテレビドラマが昨年5~6月に放送されてヒットし、観光客が増えたのだという。想像を超える商業化を目の当たりにし、悲惨な事故から34年もたつと、こうも変わるのかと驚いた。

    残り4059文字(全文4451文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事