経済・企業深層真相

伸びた百均、コンビニ失速 じわり近づくデフレの足音

     小売業界の勝ち負けがコロナ禍の中ではっきりしてきた。各社が公表する月次売り上げ速報から見えてきたトレンドは、100円均一ショップ(百均)やディスカウント系店舗の強さだ。

     百均は、業界4位のワッツが4~6月まで3カ月連続で前年比10%超える売り上げ増。2位のセリアは4月に8%増、5月に10%増を記録。ディスカウントストアも好調で、オリンピック(東京都)、大黒天物産(岡山県)、ジェーソン(千葉県)、ミスターマックス(福岡県)な…

    残り321文字(全文535文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事