【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業コロナ株高の終わり

日銀政策を読み解く! Q&Aで学ぶ基礎知識=市川雅浩

(注)基準平均は2015年1月から12月の積み期間(15年1月16日から16年1月15日)における日銀当座預金平残 (出所)日銀の資料を基に三井住友DSアセットマネジメント作成
(注)基準平均は2015年1月から12月の積み期間(15年1月16日から16年1月15日)における日銀当座預金平残 (出所)日銀の資料を基に三井住友DSアセットマネジメント作成

詳しくはこちら

 Q1 日銀はどうしてゼロ金利やマイナス金利を始めたの?

 A1 かつて日銀の主な金融調節手段は、当時の政策金利だった「公定歩合」(民間金融機関への貸出金利)を操作することであった。その後、1994年に金利自由化が完了すると、日銀は95年から短期市場金利を誘導するオペレーション(公開市場操作)による金融調節を開始した。98年以降は、民間金融機関同士が無担保で翌日期日の資金を貸し借りする際の「無担保コール翌日物金利」を操作目標とし、具体的な金利の誘導水準を設定した。

 90年代後半の日本経済は、不良債権問題の深刻化と大手金融機関の相次ぐ破綻で、景気後退に直面していた。日銀は99年2月、デフレーション(物価の持続的な下落)を回避すべく、無担保コール翌日物金利を「できるだけ低めに推移するよう促す」ことを決定し、「ゼロ金利政策」を導入した。

残り3467文字(全文3843文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事