経済・企業2020年後半 日本・世界経済大展望

中国 4~6月期は3%成長に復帰 20年下期V字回復の可能性=三尾幸吉郎

 中国経済がコロナ禍による急激な収縮から持ち直し始めた。1~3月期の国内総生産(GDP)は前年比6・8%減と四半期ごとの実質成長率をさかのぼることができる1992年以来初めてマイナス成長を記録したが、4~6月期には同3・2%増と低水準ながらもプラス成長に回復した(図1)。

 内訳を見ると、新型コロナウイルスの影響で外出規制が直撃した宿泊飲食業は1~3月期の前年比35・3%減に続き4~6月期も低迷を続けたが、生産活動を再開した製造業は同10・2%減から持ち直した。また、コロナの感染を防ぐため、非接触型のコミュニケーションが盛んになり、関連する情報通信・ソフトウエア・ITは2020年上半期に前年比14・5%増と高成長を遂げた。

 需要面を見ると、個人消費の代表指標である小売売上高は、1~3月期に前年比16・2%減まで落ち込んだ後、4~6月期にはマイナス幅を縮めた。内訳が公表される一定規模以上の小売り統計を見ると、1~3月期には飲食が前年比41・9%減、衣類が同32・2%減、自動車が同30・3%減、家電類が同29・9%減、家具類が同29・3%減と大きく落ち込んだが、4~6月期に入ると、飲食、衣類、自動車がマイナス幅を縮め、…

残り1749文字(全文2263文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事