経済・企業2020年後半 日本・世界経済大展望

中国 4~6月期は3%成長に復帰 20年下期V字回復の可能性=三尾幸吉郎

     中国経済がコロナ禍による急激な収縮から持ち直し始めた。1~3月期の国内総生産(GDP)は前年比6・8%減と四半期ごとの実質成長率をさかのぼることができる1992年以来初めてマイナス成長を記録したが、4~6月期には同3・2%増と低水準ながらもプラス成長に回復した(図1)。

     内訳を見ると、新型コロナウイルスの影響で外出規制が直撃した宿泊飲食業は1~3月期の前年比35・3%減に続き4~6月期も低迷を続けたが、生産活動を再開した製造業は同10・2%減から持ち直した。また、コロナの感染を防ぐため、非接触型のコミュニケーションが盛んになり、関連する情報通信・ソフトウエア・ITは2020年上半期に前年比14・5%増と高成長を遂げた。

     需要面を見ると、個人消費の代表指標である小売売上高は、1~3月期に前年比16・2%減まで落ち込んだ後、4~6月期にはマイナス幅を縮めた。内訳が公表される一定規模以上の小売り統計を見ると、1~3月期には飲食が前年比41・9%減、衣類が同32・2%減、自動車が同30・3%減、家電類が同29・9%減、家具類が同29・3%減と大きく落ち込んだが、4~6月期に入ると、飲食、衣類、自動車がマイナス幅を縮め、…

    残り1749文字(全文2263文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事