経済・企業2020年後半 日本・世界経済大展望

中国 「独り勝ち」はあり得ず=関辰一

 実需を伴わない生産拡大など気がかりな動きはあるが、中国経済は世界から見ても速いスピードで回復している。中国政府は2月に新型コロナウイルスの感染がピークアウトしたと判断するとすぐ、企業活動の再開を指示。指示を受けた企業が全国各地で工場の操業を再開し、3月には工業生産が前年並みの水準まで回復した。

 これにより、仕事を失っていた出稼ぎ労働者約5000万人のうち約3500万人の職場復帰に成功。企業への銀行融資の拡大措置などと相まって、企業倒産の急増、雇用悪化、消費減少という負の連鎖を廻避することができた。

 いち早く回復をみせた中国経済だが、今後を展望すると、感染対策などで活動に制限がある中では成長ペースは鈍く、コロナ前の成長トレンドに戻ることは難しいだろう。まず、実需を伴わない在庫が大きく積み上がっているため、今後は生産抑制の動きが発生する見込みだ。実際、7月に入り、6大電力会社の石炭消費量は再び前年水準を下回るようになった。これは、工場の操業率が低下していることを示唆するものだ。

残り583文字(全文1027文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事