経済・企業2020年後半 日本・世界経済大展望

観光 難しい訪日客の回復 国内需要取り込みに活路=中島泰

    群馬県の草津温泉を訪れる観光客(Bloomberg)
    群馬県の草津温泉を訪れる観光客(Bloomberg)

     2019年に過去最多の3188万人を記録した訪日外国人旅行者数は、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を大きく受け、今年4月からは3カ月連続で前年同月比99・9%減と、ほぼゼロといえる状況まで減少した。また、日本人の国内旅行についても、主要旅行業者における5月の国内旅行総取扱額が前年同月比96・6%の減少を記録するなど、ほぼストップした状況がうかがえる。

     観光の再開に当たっては、まずは近場の観光から再開することで地域の経済を少しずつ回し、感染状況の推移を見つつ、中・長距離の国内旅行、近隣諸国への海外旅行、そして最後に長距離の海外旅行の順に回復していくことが世界的な流れとなっている。

    残り870文字(全文1165文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事