国際・政治2020年後半 日本・世界経済大展望

ロシア 不況と低成長が定着 資源依存から脱却できず=名越健郎

    2036年まで続投できる道が開かれたが、果たして……(Bloomberg)
    2036年まで続投できる道が開かれたが、果たして……(Bloomberg)

    「ロシアの過去10年の成長率は年平均1%だ。新興国として3〜5%の潜在能力があるのに、すっかり不況と低成長の構造に陥った。政府の対応は全く不十分だ」

     財政問題の大御所で、大統領にも近いクドリン元財務相は7月、首都モスクワで講演し、政府を酷評した。クドリン氏はロシア経済の病根として、資源への依存体質や政府の機能不全、企業活動の大幅規制、人材の訓練不足を挙げ、教育や医療分野への大型投資を訴えた。プーチン体制が長期化する中、経済がすっかり閉塞(へいそく)状態になったことを認めている。

     かたや、プーチン大統領も経済の低成長は認めるところ。成長を促進するため、18年に25兆ルーブル(約38兆円)を投入してインフラ整備やデジタル化など13の国家事業を推進する野心的な構想を発表し、4期目が終了する24年までに完了すると約束した。しかしその後、原油価格下落による財政難で計画完了を6年先送りして30年とした。7月の憲法改正の是非を問う国民投票が78%の賛成で成立したことで、プーチン氏は3…

    残り794文字(全文1235文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事