国際・政治2020年後半 日本・世界経済大展望

ブラジル 感染者数212万人 自動車業界を襲うコロナ=美代賢志

    コロナで開店休業状態のサンパウロの米シボレーのディーラー(筆者撮影)
    コロナで開店休業状態のサンパウロの米シボレーのディーラー(筆者撮影)

     ブラジル保健省が7月20日午後6時に発表した新型コロナウイルスの国内の感染状況は、累積感染者数が211万8646人で、累積死者数が8万120人。依然として、状況が改善する兆しは見られない。

     こうしたなかでブラジル地理統計資料院(IBGE)が7月16日、パンデミックにより廃業する企業が6月中旬の時点で52万2700社になるという企業活力調査を発表した。廃業する企業の99・2%が、従業員数49人以下の小企業。産業別に見ると49・5%がサービス業で、商業が36・7%。工業は6・4%だ。製造業が少ないように見えるが、ブラジルの自動車産業にも影響は及び始めている。

     国内自動車製造会社協会(ANFAVEA)が7月6日に発表した最新の業界データでは、乗用車とSUV(スポーツタイプ多目的車)のような小型商用車の2020年6月の新車登録台数は前月比116・6%増(2・16倍)の12万2795台。経済活動の再開で急回復したように見えるが、上半期の新車登録台数は前年同期比50・5%減の80万8824台。同期の製造台数は、68万5799台で、前年同期比58・5%減だった…

    残り906文字(全文1387文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事