国際・政治2020年後半 日本・世界経済大展望

米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 トランプ氏は貿易政策のみ=土方細秩子

(出所)筆者作成
(出所)筆者作成

 米大統領選で民主党候補指名が確定した前副大統領のジョー・バイデン氏。このまま行けばトランプ大統領との一騎打ちになるのは確実だ。

 米CBS・調査会社YouGov(調査期間7月21〜24日)が実施した世論調査ではトランプ氏に10ポイントの支持率の差をつけ、勝利が期待されるバイデン氏だが、根強いアンチの声もある。

 まずは、目下の課題である「コロナ対応」について比較する。トランプ氏のコロナ対応は失敗と言われるが、それでは民主党政権ならばより良い対応ができたかと言えば、そうとも言えない。というのもニューヨーク、カリフォルニアなど民主党知事の州では、独自にロックダウン(都市封鎖)などが行われたが、感染拡大に歯止めはかからなかった。また、現在に至るまで民主党も効果的なコロナ対策案を示していない状況を踏まえると、コ…

残り2004文字(全文2359文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事