マーケット・金融独眼経眼

欧州の国債大量購入と危険な株高=渡辺浩志

     米連邦準備制度理事会(FRB)はトランプ政権の財政出動に伴う金利上昇リスクに備え、イールドカーブ・コントロール(YCC)導入の是非を議論している。

     この政策は、国債利回りの上昇を抑制するために無制限の国債購入を行うものだ。名目金利の上昇を抑える一方、インフレ期待を刺激し、実質金利を押し下げる。結果として、財政政策の効果を強めるとともに、株価収益率(PER)を押し上げ、株高を招く。

     だが、YCCの導入は中央銀行が国債管理政策(利回り上昇を抑え、円滑な国債発行を図る)に組み込まれることを意味し、中銀の独立性を損なうリスクを高める。

    残り812文字(全文1079文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事