教養・歴史書評

評伝の形式取りつつ室町期の特異な状況活写=今谷明

     戦後の論壇では天皇に関する問題は甚だ微妙であり、学界でも天皇の事跡を論ずることはタブー視されてきた。嵯峨天皇(8~9世紀)以降、幕末の孝明天皇まで、教科書で天皇の名が出るのは後醍醐天皇だけだ。

     秦野裕介著『乱世の天皇 観応の擾乱から応仁の乱まで』(東京堂出版、2500円)は、前述のような昭和時代の論壇・学界のあり方からすると全く隔世の感に堪えない著作であり、またある面からすると、歴史上、天皇の位置付けが一変したことを如実にあらわすと言えよう。

     本書は、鎌倉中期の両統迭立(りょうとうてつりつ)(分裂した家系から交互に即位させる状態)から中世の皇統を説き起こす。将軍足利義満・義持父子2代の室町幕府全盛期に、天皇の権威がどん底に低下した半面、義持の弟・義教の代から天皇の権威が反転して、永享の乱(1438年)や嘉吉(かきつ)の乱(1441年)に天皇から「治罰(ちばつ)の綸旨(りんじ)」が発給された。「治罰の綸旨」とは、幕府敵対勢力が「朝敵」に…

    残り566文字(全文990文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事